AI(人工知能)が発達していくと、世の中はどう変わるか?

 

AIがこれからどんどん発達していく。

そう騒がれるようになって久しい。

 

全く人間と同じことが出来るようになるかと言われると、

それは難しいのではないかと思うけれど、

やはりAIに置き換えられる仕事は多くあるのだと思う。

 

既存の仕事がこれからどんどんAIに奪われるようになる。

でも、AIが我々の仕事をやってくれるのであれば、

我々は働く必要がなくなるのではないだろうか?

 

働くことなく、もしくは今より労働時間をだいぶ減らしても、

AIが生むものを享受することができる。

人間は空いた時間を自由に使うことができる。

最高の世の中ではないか!

 

でも、働かなければお金はどうなるの?

お金なければ何も買えないじゃん、と思う。

確かにそうだけれど、ベーシックインカムの導入であるとか、

現在とは全く異なるシステムの導入が必要になってくると思う。

AIを導入して生産性を向上させ、人件費を削った企業は利益を上げられるので、

利益の一部をベーシックインカムのために支払うことを義務付けるとか。

 

 

究極的には、AIだけで全てのモノ・サービスを生み出すことができて、

AI自身が需要と供給を学習してコントロールできるなら、

必要な分だけAIが生産して、人間はそれをタダで享受するだけ、

という世の中が(何百年後か分からないが)来るかもしれない。

そうなれば、今のお金というものは完全に存在価値を失う。

 

 

人間は、他者とのつながりであったり、精神的なものであったり、

その時のAIにできないことを追求して生きるようになる気がする。

もはやお金に囚われることなく。

そっちの方が、理想な世界のような気がするなあ。

技術の発展が、世の中の仕組みと価値観を変えつつある。

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す