【英語学習】トランプ大統領と安倍首相が仲良くやっているようです。【Twitter】

 

 

こんにちは、つかっち(@tukatti7772)です。

今日は英語学習の日であります。

 

 

数日前から安倍首相が日米首脳会談のため、アメリカに行っています。

トランプ大統領と非常に仲良くやっている様子が報道されていますね。

トランプさんも、例のごとくTwitterでよく呟いています。

色々と物議を醸す発言もあるのですが、正直英語学習の素材には適しています(笑)

 

 

 

 

(今朝早くに、安倍首相とマリーン・ワンに乗ってアンドルーズ統合基地に向かっている。)

 

 

何だか仲良さそうですね。

しかし現在位置とか行先とかTwitterでつぶやくのは、セキュリティ的に大丈夫なのだろうか・・?

と心配ではありますが。MarineOneとは、大統領専用のヘリコプターの名称だそうです。

Joint Base Andrewsとは、メリーランド州にあるアメリカ空軍の基地ですね。

” Joint Base” は「統合基地」、”Joint”は「共同の」という意味になります。

 

 

 

 

 

 

(メラニアと私は、日本の首相である安倍晋三夫妻をパームビーチのマー・ア・ラゴに泊めた。

彼らは素敵なカップルだね!)

 

 

ビジネスマンらしく、トランプさんは口が上手いですね。(安倍さんもですけど。)

Mar-a-Lagoとは、フロリダ州のパームビーチにあるトランプさんの別荘だそうです。

“host”には「客を泊める」という意味があります。

 

 

 

 

 

 

お互いの共通の趣味であるゴルフで親睦を深めているようですね。

まずは仲良くなりましょう、ということなのでしょうが、

ラウンド中にも政治の話などが色々と出てきているのでしょう。まさにゴルフ外交。

 

 

最後の文の”Japan is very well represented!”の訳が気になりますが。

「日本はとても良いリーダーを持っているね!」といったところでしょうか。

representの意味は↓

 

 

 

represent :

 

to speak, act, or be present officially for a person or group:

(人や集団の代表として話すこと、行動すること、存在すること)

 

(Cambridge Dictionary)

 

 

 

ですので、Japan is very well represented (by Shinzo Abe).とすると意味が通りそうです。

受身形を普通の文に直すと、” Shinzo Abe represents Japan very well. “となりますね。

 

 

 

 

 

(冬のホワイトハウス(マー・ア・ラゴ)で日本の安倍首相とその代表団とワーキングディナーだ。

とても良い話ができた!)

 

 

 

何が話されたのかは分かりませんが、トランプさん上機嫌ですね。

“working dinner”は「商談しながらの夕食会」、”representative”は「代表者」を意味します。

また、マーア・ラゴはそもそも1920年代にアメリカ大統領や政府高官たちの冬の間の別荘として

使えるように構想して建設されたそうです。フロリダは冬でも温暖ですからね。

 

 

ともあれ、アメリカ大統領がトランプだろうが誰だろうが、

大切な同盟国ですから上手くやっていって欲しいですね。

 

 

今回は以上です。

それでは~

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す