京都は東福寺の紅葉が素晴らしい!紅色の海の中にいるみたい。

 

こんにちは、つかっち(@tukatti7772)です。

 

この週末は久々に、関西方面に旅行に行ってまいりました。

まずは京都に行くこととなり、紅葉シーズン真っ只中ということで、

人混みと宿が押さえられるかどうか不安でしたが、

平日に休みを取って向かったこともあり、なんとか宿をゲット。

人もとても多かったのですが、休日ほどではなく一安心。

 

 

新幹線で京都に到着し、宿に荷物を預けた後、

非常に綺麗な紅葉が見られる「東福寺」へ行ってまいりました。

東福寺は1236年に創建されたと伝えられる、臨済宗東福寺派の大本山です。

敷地もとても広く、文化財も多数保存されている立派なお寺です。

 

東福寺に行くのは、かれこれ7〜8年ぶりになるでしょうか。

当時も、こんな紅葉が見られるのかと感動した記憶があります。

久々に訪れることになった今回も、変わらず美しい紅葉が見られて満足です。

 

 

東福寺へのアクセスは非常に良く、

JR京都駅からJR奈良線でたったの一駅。3分ほどで着きます。

東福寺駅に到着した後、まずは駅前にある「京寿司 いづ松」で腹ごしらえ。

非常にジューシーで肉厚な鯖寿司がこの店の名物になっています。

寿司の盛り合わせをいただきましたが、鯖寿司は言うまでもなく美味。

1本丸ごと買って帰りたいくらいでした。他のお寿司も勿論美味しいのです。

 

鯖寿司が京都で広まるには理由があり、そもそも京都には海がなく、

昔は若狭湾で取れた鯖を腐らせないように塩漬けにして、

丸一日かけて京都まで運んできていたそうです。

この塩漬けの鯖を、なんとか美味しく食べるために酢でしめて、

酢飯と合わせて寿司にしたのだそうです。鯖ってすぐに腐りますしね。

料理一つであっても、昔の人たちの歴史が感じられて非常に面白いですね!

 

 

美味しい鯖寿司でお腹を満たした後は、いざ東福寺へ向けて歩きます。

到着まで約15分といったところでしょうか。

お寺に向かって歩いている間にも、色とりどりの紅葉が目を喜ばせてくれます。

周りには露店も色々と出ていましたね。美味しそうな匂いが・・・

観光客も多いです!最近は本当に増えましたね。

特に中国や韓国の方々がどこに行っても多いですね!時代は変わりました。

 

 

そんなことを考えているうちに、東福寺に到着しました。

何と言っても一番の見所は、「通天橋」からの紅葉でしょう!

拝観料は400円で、庭園内の紅葉と緑を楽しむことができます。

ここからは、素晴らしい紅葉の写真を載せていきますね!

(Instagramを使用しています。他にも写真を色々と載せていますので、

よろしければフォローください!)

 

 

 

 

 

 

Tohukuji-temple, Kyoto

つかっちさん(@tukatti7772)がシェアした投稿 –

 

 

つかっちさん(@tukatti7772)がシェアした投稿

 

 

つかっちさん(@tukatti7772)がシェアした投稿

 

いかがでしょうか。

少し緑のところもありましたが、赤と緑の共演が素晴らしいと感じました。

流石に人も多かったですね〜!

この日は平日でしたので、休日だったらもの凄い数になったことでしょう。

しかし一見の価値あり、オススメです!

京都に立ち寄った際には、特に紅葉のシーズンは是非訪れていただきたい場所です。

 

 

紅葉を楽しんだ後は、周辺でお抹茶と茶菓子などもいかがでしょうか。

美しい庭園を見ながら抹茶をいただくなど最高です。体も温まりますよ。

(下記は「東福寺 一華院」でいただいた抹茶と柿あんの茶菓子です。

庭園も非常に美しかった!)

 

 

 

 

つかっちさん(@tukatti7772)がシェアした投稿

 

 

もちろん、紅葉だけではなく心を落ち着かせるため、

長い歴史を感じるために東福寺を訪れるのも良いかと思います。

紅葉の季節ではなくとも、美しい自然が心を癒してくれそうですね!

 

 

なお、東福寺の周辺には千本鳥居で有名な「伏見稲荷」などもあります。

少し歩けば着きますので、こちらにも足を伸ばしてみることをオススメします!

時間があれば山頂まで登ってみると、京都市内が一望できる素晴らしい景色が見れますよ☺️

 

 

ああ、やはり京都は何度訪れても良いものですね!

観光客が多いのも納得です。これだけ歴史が詰まっていて、かつ美しい場所は他にない。

今回も素晴らしい景色を堪能できました。

また、近いうちに訪れたいと思います。😃

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す