オンライン英会話を通して学んだ、役に立つ便利なフレーズ集。No1

 

こんにちは、TUKATTI(@tukatti7772)です。

 

だいぶ御無沙汰していたのですが、

今日は久々に英語学習に関する記事を書こうと思います!

実はここ最近、オンライン英会話を始めてみました。

 

 

英語を勉強するのは何故か昔からあまり苦ではなく、

最近も定期的にTOEICを受けたりしていて、そこそこ点も取れるようになってきました。

しかしTOEICL&Rでは聞く、読むという能力しか伸ばせません。

やはり実際に必要となるのは話す・書く能力、

すなわち英語をアウトプットする能力であろうということで、

一念発起してトライしてみることにしたのでございます。

 

 

で、これまで25分×3回やってみたのですが、

まあ口から会話が出てこない出てこない・・。

フレーズが出てきて喋ったときは、意味は通じているみたいなので、

発音はそんなに悪くないのかもしれませんが、

何回も何回も固まってしまうのは考えものです!

これが言いたいのに言えない!と何度も悔しい思いをしたので、

今日は英会話で便利なフレーズ集をまとめてみることとしました。

 

 

あ、ちなみに使っているのはECCオンライン英会話です。

講師はみんなフィリピン🇵🇭の人たちなので、受講料は比較的安く抑えられています。

ただし、TOEICで聞くような欧米の発音に比べるとやや聞き取りにくいかも・・?

でも、テキストはきちんと用意されていますし、

独自の会話システムも非常にスムーズに動くので、使い勝手が良いです。

skypeは使いません。何かskypeってトラブル多いので、こちらの方が良いです。

 

 

Do you have any questions?に対する回答

 

 

「何か質問はありますか?」

これ、毎回のように聞かれます。当たり前なんですけども。

聞かれるたびにYes,Noと片言のように答えるのもあれなので、

色々な答え方を調べてみました。

 

・I’m okay.                     大丈夫です。

・I’m alright.      大丈夫です。

・All OK, thanks.   全部大丈夫だよ、ありがとう。

 

・Not really.     特にありません。

・Not for now.    今のところはないです。

・Not right now.           今のところはないです。

・No questions.    質問はないです。

 

質問がある時は、I have one question, I have two questions,…

Yes, 質問内容…..?のように言えば良いでしょうか。

英会話の時にこれらのフレーズを喋っても通じているので、

恐らく大丈夫な表現だと思われます。

 

 

次に行きます。「もう一度言ってください」というのも英会話でよく使いそうです。

発音が聞き取れない、ネット回線が悪いなどのシチュエーションがあると思います。

 

 

「もう一度言ってください」という言い方

 

 

・Could you say that again?    もう一度言っていただけますか?

・I couldn’t hear you clearly.    よく聞き取れませんでした。

・Pardon?

・Excuse me?

・One more time, please.

 

・I’m sorry, the line is bad.     ごめんなさい、回線が悪いみたい。

 

・Could you speak more slowly, please?   もっとゆっくりと話していただけますか?

 

 

こちらも色々な言い方がありますね。

色々な表現が使えるようになると、英会話が楽しくなるはず!

これらの表現は本筋の会話ではなく、間をつなぐための表現ではありますが、

うまく言えると自然な英会話になっていくのではないでしょうか。

これらの表現が使えずに会話がフリーズしてしまっても、辛いですからね。

 

 

英会話で学んだおもしろ表現!

 

 

最後に英会話で学んだおもしろ表現を紹介します!

 

as easy as pie     ・・・  とても簡単な、朝飯前の

 

ex) It’s as easy as pie!

 (そんなことは朝飯前だよ!

 

パイを焼くくらい簡単だよ、ということでしょうか?

英語って面白いですね〜。

この表現は「英語表現データベース  Outputs!」にも載せておきました。

こちらもご活用ください。質問もどんどんこちらにくださいね!

 

 

それでは〜。

 

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す