瀬戸内海って風光明媚で、交通・産業上も重要な地域で凄いよ!

 

 

こんにちは。つかっち@tukatti7772)です。

 

今日は私の心の癒しである、瀬戸内海について語りたいと思います。

 

 

瀬戸内海はあまりにも広く、あまりにも風光明媚な地域です。

古くから京都・大阪と中国・四国・九州を結ぶ海として海運などで栄え、

また多数の島々を根拠地として水軍が活動していた時期もありました。

 

 

現在においても、多数の航路が瀬戸内海では運行されていますし、

日本屈指の観光エリアでもあります。

また多くの企業の工場などが瀬戸内海周辺には集まっており、

瀬戸内海工業地域として、産業上も重要な地域となっています。

 

 

瀬戸内海に面する県(愛媛県・香川県・岡山県・広島県・山口県etc)を考えてみると、

その県庁所在地のほとんどが瀬戸内海側に位置しています。

瀬戸内海が交通・産業上重要な地域であることと無関係ではないような気がしますね。

 

 

これらの県では近年人口も減少しており、過疎化に悩まされていると思いますが、

県庁所在地の人口だけで見てみると、実はそれほど変化していなかったりします。

恐らく、一つの県の中でも他の地域から県庁所在地に人が集まってきているのでしょう。

 

 

そういう訳で、これから先も瀬戸内海エリアには人が集まり続け、

引き続き重要な地域になっていくのだと思っています。

自然の恵みも多く、非常に風光明媚な地域ですので、

観光・工業・交通業などなど、どんどん発展していって欲しいです。

 

 

 

 

 

瀬戸内海の気候とか景色とか。

 

 

 

 

 

瀬戸内海エリアの気候は、瀬戸内海式気候とも呼ばれており、

とても温暖で過ごしやすいのです。

そのためか、人の感じも何か温かいような気がしますね~。

 

 

面積としては、約20000km2にも及ぶ広大な地域です。

島の数は3000個以上。

世界中を探しても、このような多島海はあるのでしょうか?

 

 

過去にはドイツ人の地理学者であるフェルディナント・フォン・リヒトフォーヘンさん

(シルクロードの命名者であるそうです)も、

「これ以上のものは世界中のどこにもない」と景色を絶賛されたそうです。

私も同感です!瀬戸内海、特に夕陽が落ちる頃の風景は日本一だと思いますし、

海外を含めてもこれほどの景色はそうそう見られないと思っています。

 

 

 

 

本当に夕陽が映えるんですよね~。

大小様々な大きさの島々が海に浮かび、

空と海は橙色に染まり、多くの船が行き交う。

最高に風情があると言わざるを得ません!

 

 

日本三景の一つには宮城県の松島があります。

私も松島を訪れたことがありますが、ここも確かに非常に綺麗な所でありました。

しかし多島海というよりは湾であり、広さもそれほどのものではないです。

スケールで言えば瀬戸内海の方が圧倒的に大きい。

日本三景ということで、スポット的な場所がpick upされているのだとは思いますが、

個人的には瀬戸内海(特に夕陽)を日本三景に登録してほしいくらいです!

それほどの場所であると思いますし、是非一度訪れて欲しいと思っています。

 

 

瀬戸内海と言っても範囲が広いですから、

まずはドライブなどでしまなみ海道(広島県尾道市~愛媛県今治市)や、

瀬戸大橋(岡山県倉敷市~香川県坂出市)を渡って、

その周辺エリアを訪れてみることをお勧めします!

素晴らしい景色に癒されること、間違いなしです!

 

 

 

もっともっと瀬戸内海の景色をここで紹介したいのですが・・・

画像を多く持っていないことを後悔しています。

そこで瀬戸内海地域の観光情報サイトである「瀬戸内Finder」から、

瀬戸内海の美しい景色が多く掲載されている記事を紹介させていただきます!

 

視界の端から端まで美しい!瀬戸内の絶景 「多島美」 スポット8選

 

是非ご覧になってください!本当にキレイでうっとりしてしまいます・・・。

 

 

 

今回は以上になります。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

★おまけ★

 

瀬戸内海って英語で何と言う?

 

答.    Seto  Inland  Sea.

 

内海は、英語で inland sea といいます。

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す