身近にあるモノを英語で言うと?vol2

 

 

 

 

改めて家の中を見渡してみると、

あれ、これって英語で何と言うんだろう?

と思うようなモノがたくさんありました。

 

ちょっとしたモノでも英語で言えると、

何かカッコイイし楽しいですね。

今回は第二回目をお届けします。写真付きでご紹介です。

 

 

 

 

身近にあるこんなモノ、英語で言うとこうなる!

 

 

 

 

① 炊飯器 ⇒ rice cooker

 

 

 

 

rice cooker で 米の調理器 =  炊飯器!

本当にそのまんまの表現です!

このような簡単な単語で表現できてしまうと、とても嬉しいです。

 

 

 

② ごみ箱 =  dust bin  ,   trash  bin

 

 

 

 

dust , trash ともに「ゴミ」という意味。

binには「小型の容器」という意味があります。

その他 trash box , garbage box などの表現も。

 

 

 

 

③ スリッパ =   scuff   ,    slipper

 

 

 

 

scuff , slipperともに「室内履き」を意味しますが、

scuffは「かかとのないもの」、slipperは「かかとのあるもの」を指します。

画像のようなスリッパは「scuff」の方ですね。

日本で言うところのスリッパはscuffが多いのではないでしょうか?

 

ちなみにslipperには「歯止め、滑り止め」の意味があります。

 

 

 

 

④ 目覚まし時計 =  alarm ,  alarm clock

 

 

 

朝のお供、目覚まし時計です。

alarmだけでも目覚まし時計の意味になるんですね。

私はもはや、これがないと生きていけません。朝起きれません。

画像は「RAIDEN」の目覚まし時計です。爆音なのでおススメです。

 

 

 

 

⑤ 座布団 = cushion , floor pillow

 

 

 

 

cushionには「和らげるもの」という意味があり、

cushion単独でも座布団の意味を持つようです。

または floor pillow 、直訳すると「床の枕」ですね。

これまた英語らしくて面白い表現です!

 

 

 

【おまけ】 鳩 = pigeon ,  dove

 

 

 

 

ピジョン、ってポケモンにもいましたよね。あれもハトでした。

pigeonはハトを意味するんですね。またはdove. 

英語って同じものを表すのに2つ以上の単語があるので不思議です。

微妙に違うのだろうか??

 

画像は旅先のどこかで撮影したハトです。

この子たちは人馴れしていますね。

本当、田舎の鳩と都会の鳩は人馴れ度合いが全く違います。

都会の鳩は逃げないですから。図太いです。

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。今回は以上です!

 

 

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す