身近にあるものを英語で言うと?その①

 

自分の身の回りにあるもの、英語で何と言うの?

となると、意外に分からないものが多いんですよね。

英語学習を学生の頃から続けているのにも関わらず、

中々悔しい気持ちになるのです。

 

 

身近にあるものが英語で言えると、英会話もはかどりそうですよね!

という訳で、今回は身の回りにある物とその英訳を、

写真付きで紹介していこうと思います。

 

 

 

 

身近にあるこんなもの、英語で言うとこうなる!

 

 

 

 

 

① ハンカチ   ⇒ handkerchief

 

 

 

kerchief にはスカーフという意味があります。

handkerchiefで手のスカーフ=ハンカチということなんですね~。

ハンカチというのは完全に和製英語ですね!

 

ちなみに画像のハンカチは、今治タオルのタオルハンカチです。

吸水性もあってフワフワで普通のハンカチよりも断然おススメです。

 

 

 

② 綿棒 ⇒ cotton swab

 

 

cotton  =  綿

swab = 綿棒、綿球

 

swabだけでも綿棒の意味がありそうですが、

cotton swab とするとより分かり易くなるのでしょうね。

毎日の耳かきのお供ですね。

 

 

 

③ 定期券 ⇒ commuter pass

 

 

commuter =  通勤者  (commute = 通勤する)

 

毎日の通勤のお供ですね。

通勤者のパス、何かカッコイイ。

ちなみに私は会社に入ってから人生で初めて定期を買いました。

周りにはかなり驚かれました。

そんな驚かなくても・・・

 

 

 

④ リモコン ⇒ remote control

 

 

 

remote = 遠隔の

 

今まで完全に remote controlerだと思っていましたが、

そんなことはありませんでした。

これも和製英語ですね。日本人って英語を略すのが好きですよね・・。

 

 

 

⑤ スティックのり  ⇒  glue stick

 

 

glue = 接着材、のり。

封筒の口を閉じる用途で我が家では大活躍です。

 

 

 

【おまけ】

 

水鳥  ⇒  waterfowl

 

 

fowl = 鳥類

waterfowlで水の鳥=水鳥。そのまんまですね。

 

過去の写真から引っ張り出してきました。

これは宮城県の松島にめちゃくちゃ生息していた水鳥です。

正式な名前は何と言うのだろうか・・?

この写真、アホっぽくて何か好きです。

 

 

 

今回は以上です!

 

 

 

【20170925追記】

英語表現データベースの「Outputs!」を作成しました!

これからどんどん改良を加えていくので、是非ご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す