江戸時代よりのうなぎの名店、「伊豆栄」でうなぎ食べてきた。

 

こんにちは、つかっち(@tukatti7772)です。

 

最近暑い。。スタミナ欲しい・・うなぎ食べたい!

という季節になってまいりましたね。

 

という訳で、先日うなぎを食べる機会がありました。

行ってきたのは上野にある「伊豆栄」というお店。

上野はうなぎの店が多くて結構有名なのですが、その中でもこの店は歴史が古く、

なんと江戸時代の中期から続いているようです。

8代将軍徳川吉宗の時代に、小さな店を出したことが始まりなのだとか。

 

 

現在では、上野に3件と、永田町に1件の店を構えているようです。

上野本店はJR上野駅から徒歩5分といったところで、

非常に利用しやすい場所にあります。

食後は上野公園でゆったり、なんてのも良いですね。

 

 

 

 

 

外観はこんな感じ。

とても落ち着いていて良い感じです。

 

 

 

 

 

永田町の方は自民党本部の近くにあるようで、

政界の方々が頻繁に利用していることが容易に想像できます。

それだけの名店、ということでしょうかね?

 

 

さて、肝心のうな丼についてですが、松・竹・梅の3種類あります。

お値段はそれぞれ、

松・・・2700円

竹・・・3780円

梅・・・4860円

になっております。(伊豆栄のホームページ参照。

ご飯とうなぎの量がそれぞれ違っています。

普通は松が一番高級になると思うのですが、

この店に限っては順番が逆になっているのは、何か理由があるのでしょうか?

松でも利用しやすい価格にする、という気遣いなのかもしれませんね。

 

 

うな丼以外にも懐石料理などもあって、これはコースにより20,000円くらいまで

かかるようです・・!さぞかし美味しいのでしょう。一度食べてみたいなあ。

 

 

さて、私が今回食したのはうな丼の「梅」です。

これも非常に良いお値段がするのですが・・折角の機会だから一番良いものを!

ということで思い切って梅にしました。

まあ、飲み会に行くのを1回我慢すれば食べることができる値段と思えば、

たまにはこのような贅沢をしてみても良いのかもしれませんね。

 

 

出てきたうな丼が、こちら。

 

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

(*゚∀゚)=3 

 

 

 

 

はい。という訳で、早速いただきました。

結論から言うと、非常に美味しかったです。(当たり前ですが・・)

 

 

なんと言うかもう、とても肉厚のうなぎでありました。

食感が良く歯ごたえがり、うなぎの旨味がぎっしりと詰まっていました。

もちろん臭みなどは全くなく。

タレも濃すぎず薄すぎず、うなぎ本来の旨味を損なうことなく、

かつ味を引き出していくようなものになっていました。

ご飯との相性も最高です。一緒に日本酒をいただきましたが、これもまた最高ですね。

 

 

梅だとうなぎもお米も結構な量になるのですが、

あっという間に平らげてしまいました。美味しすぎて箸が止まりません。

店内の説明によると、このうなぎは天然ものではなく確か養殖だったはずですが、

養殖でもこの味が出せると言うのは、最近の技術は本当に凄いのだなと思います。

実際は、今では流通しているウナギの95%以上が養殖ということで。

しかし養殖の方が泥臭さもなく、個体差が少ないので安定した味が提供できるようですね。

これだけ美味しければ、納得です。

 

 

流石にうなぎは高級で値は張りますが、

ほんの少し飲みにいったり何かを買うのを我慢すれば、

誰でも食べることができるような値段です。

この値段でこれだけの食体験ができれば、非常にリーズナブルだと思いますね。

皆様も是非一度行ってみて、美味しいうなぎを体験してきてください。

 

 

それではまた、次回以降も美味しい店があれば紹介していきます!

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す