TECH::CAMP(テックキャンプ)を受講した感想。人生は変わるか?

 

 

こんにちは、TUKATTI(@tukatti7772)です。

 

今日は「人生を変える」テクノロジースクール、

TECH::CAMPの体験記を書いていきたいと思います。

 

私は2017年の5月にテックキャンプを初めて受講しました。

1週間でプログラミング言語のRuby, フレームワークのRuby on Rails,

あとHTML/CSSを学べる「イナズマコース」というものがあったのです。

これをゴールデンウィークの期間中に受講し、

毎日約10時間くらいプログラミングを学習しました。

 

 

これはとても良い経験であったと思っています!

受講後も教材をオンラインで見ることができ、

 現在でも非常に学習の助けになっています。

受講後は、簡単なWebアプリケーションであれば、

1人で作ることができるようになります。

 

 

 

TECH::CAMPでのプログラミング体験記

 

 

基本的には教室に通い、web教材を使用しながら自習していくスタイルです。

プログラミングは自分でどんどんコードを書かなければ仕方ないので、

このスタイルが適しているでしょう。

web教材は非常に質が高く、丁寧に記述されていましたので、

学習がスムーズに進みました。

 

 

市販の本やそこらのWebサイトに書かれている内容を見るだけでは、

自分でアプリを作っていくのはなかなか難しいと思うので、

このような実践的なテキストがあると開発の流れが分かって非常に良いです。

Techcampの一番の価値は、このWebテキストにあると言っても過言ではない。

 

 

さらに教室にはメンターと呼ばれる指導員が常駐しており、

不明点は質問すればすぐに飛んできて教えてくれます。

メンターのみなさんは、非常に若い方々が多かったです。

しかしプログラミングにはとても詳しいですよ。

自分でアプリを作られている方も多く、良い経験してます。

 

 

教室はキレイでBGMが流れています。

ティッシュや、耳栓、ヘッドホン、毛布などが用意されており、

お金を払えば飲み物やお菓子、コーヒーなどを飲むことも可能です。

買い物や息抜きに少し外に出ても良く、なかなか良い学習環境でした。

 

 

 

webテキストのゴールは、とあるwebアプリケーションを完成させること。

twitter,instagramに近い感じです。

テキストに沿って学習を進めていけば、無理なくアプリを作れます!

学んでいるうちに、全くのプログラミング初心者であった私でも、

簡単なアプリなら自分でも作れるのではないか?という気持ちになってきます。

コースの終了日には、それが確信に変わりました。

手始めにこんなwebアプリを作っていて、今も改良中です。

 

 

カリキュラムの必修内容は、

1.開発環境の構築

2.HTML/CSSの基礎

3.Rubyの基礎

4.Ruby on Railsの基礎、アプリ作成

となっていました。webアプリを作るのであれば、

HTML/CSS (Javascriptも)は必須の知識であります。

そして、強力なフレームワークであるRuby on Railsについて学びます。

1番の肝はRailsの学習と使いこなしにあるでしょう。

 

webテキストにはJavascript、デザインの学習や、

別アプリの作成などの他の内容も盛りだくさんあったので、

早く必修内容を終わらせれば、そちらの方にも取り組むことができました。

 

 

本格的なサービスを作っていくには、

学ばなければならないことはまだまだ多いのですが、

その入り口に立てるというだけでも、素晴らしいことではないでしょうか。

決して安くはない受講料を払った価値は十分にあったと思います。

 

 

 

 

TECH::CAMPで何が学べるの?

 

 

先ほど書いた通り、私が受講していた頃は「プログラミングスクール」

と銘打っていたのですが、現在は「テクノロジースクール」となっています。

プログラミングに特化するのではなくて、IT技術が必要不可欠となっている現在、

幅広い技術を教養として学んでもらいたいという想いがあるそうです。

 

現在では、月額12,800円で下記の全ての教材を学習することができます。

 

・オリジナルアプリ開発

・Webサービス開発

・VR・3Dゲーム開発

・デザイン

・AI(人工知能)入門

・iPhoneアプリ開発

・テクノロジーセミナー

 

 

基本的には1ヶ月単位での受講となります。

私が受講していたプログラミングのコースは、

上のWebサービス開発に相当するものだと思います。

 

 

 

TECH::CAMPの教室はどこにある?

 

 

教室は現在のところ、下記の8箇所あるようです。

 

関東:渋谷・新宿・池袋・東京駅前・御茶ノ水・早稲田

関西:梅田

中部:名古屋

 

 

 

教室に通った方が、メンターが側に控えているので、

学習がスムーズに進むとは思いますが、

オンラインで受講される方もチャットで質問できるので安心です!

チャットでも質問のレスポンスはかなり早かったですよ。

 

 

 

TECH::CAMPの受講料金は?

 

 

TECH::CAMPの入会金には128,000円かかります。

しかし一度入会金を支払えば、

月額12,800円で継続して学習を行うことができます。

日常生活の中では、ITスキルをがっつり学ぶ機会はほぼありません。

しかし、100年人生になると言われている現代、

将来への投資と考えれば、それほど高い金額ではないと思います。

 

 

一つのコースを1ヶ月間集中して学習すれば、

受講後には、一人で調べながらプログラムが組めるレベルになります。

本格的に作るとなれば、その後も継続的な努力が必要ではありますが、

何事も取っ掛かりと基礎を身につけることが大切です。

TECHCAMPは0を1にしてくれます!

プログラミングを始めたい方や、ITスキルを身に付けたい方は、

TECH::CAMPは非常にオススメできます。

 

 

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す