盲腸(虫垂炎)は感染症の一種だって?なら腸内環境を整えよう!

 

こんにちは、つかっち(@tukatti7772)です。

 

8月に恐らく人生初めて盲腸になってしまったということがあり、

その後の再発を恐れてビクビクしながら生活しております。

(恐らく初めてというのは、過去にもお腹の激痛を伴うような症状が、

子供のころなどにもあったため、もしかしたらあれも盲腸だったのかな・・?

などと思っているからです。)

 

 

盲腸(虫垂炎)になって入院してしまった話。その1

2017.08.28

 

盲腸(虫垂炎)になって入院してしまった話。その2

2017.09.08

 

 

 

盲腸(虫垂炎)はとても進行が早い。感染症の一種?

 

 

 

つかっちの中では、盲腸の原因は5日間にわたって、

とある事情で暴飲暴食を繰り返したために、

腸に負荷をかけてしまったことではないかなあとなんとなく考えています。

あと、その前の1ヶ月が結構忙しかったので、

体が疲れていて免疫が低下していたのかもしれません。

 

 

治った後にお医者さんの言うところによると、

「盲腸は感染症の一種だよ」とのこと。

盲腸の正式名称は「虫垂炎」というのですが、 

腸にある虫垂という細長〜い器官のところで、

何らかの菌が繁殖して炎症を起こした状態なんですって。

 

 

ということは、胃腸炎と似たようなものであって、

たまたま運が悪くて虫垂で炎症が起こったということなのだろうか??

であるとしても、虫垂で炎症を起こした場合は結構面倒なものであって、

虫垂炎が進行すると、虫垂が膨らんで穴が開いたり、

虫垂が破裂したりといったことが起こります。

虫垂が破裂すると、繁殖していた菌がお腹全体に拡散して、

腹膜炎→他の臓器の炎症になったり、菌が血液に入り込んで敗血症になったり、

というような命に関わる事態にまで発展してしまうのですね。

 

 

これが盲腸の恐ろしいところであります。

昔の人が盲腸で命を落としていたというのが、よく分かります。

ちなみに盲腸の進行は結構早く、私の知り合いは腹痛が起きて、

夜に痛みで一睡もできなかったのに次の日に会社に行き、

激痛を我慢しつつも夕方まで業務を行いながら、

耐えきれずに病院に行ったところ、何と40℃の発熱。。

検査してみると、虫垂が破裂していて、即緊急手術となったそうです。

それほど、盲腸の進行は早い。1,2日放置しただけで破裂まで行ってしまうとは。

 

 

私の場合でも、夕方の3時か4時頃にお腹が痛くなって、

7時には病院に行きましたが、その時点で既に中程度の盲腸と言われました。

37.5℃の熱と、血液検査で炎症を示す数値と白血球がかなり増加、

CTでは虫垂が1cmくらいまで膨れていました。

前兆なんてほとんど無かったのですが・・・

強いて言うなら、3週間前にかなりの腹痛と食欲不振があったこと。

その時点でもしかすると腸の機能が低下しつつあったのかもしれないですね。

いずれにせよ、強い腹痛が引かなかったら、早めに病院に行ってください。

取り返しのつかないことになる前に。

 

 

 

健康のためには腸内環境を整えることが効果的

 

 

さて、盲腸になった後、再発を恐れながらも色々と考えていました。

盲腸が感染症の一種であって、腸で悪い菌が増殖することで発症するならば、

腸内環境を整えてやれば発症を抑えられるのでは?ということ。

色々と調べてみると、盲腸を予防するには、

 

・腸内環境を整えること

・暴飲暴食を控えること

・規則正しい生活で免疫力を高めること

 

が有効だそうです。まあ確かにその通りかも。

暴飲暴食を控えて腸に負荷をかけないこと、

規則正しい生活をすることはなんとか実行できそうなので、

「腸内環境を整える」ということに注目してみたいと思います。

 

昔、「もやしもん」という漫画があって、興味深く読んでいました。

菌に関する漫画でしてとても勉強になるのですが、

その中で腸内環境に関する話がありました。

 

曰く、腸内には非常に多くの細菌が住んでいると。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌。

これらの細菌がバランスを保って生活をしているのだそうです。

善玉菌が優勢だと、腸の調子も良く、正常に機能します。

対して悪玉菌が優勢だと、腹痛・下痢・便秘・臭いオナラが出る・・

などなど、腸の機能不全を起こしてしまいます。

日和見菌というのは、腸内の菌の7割以上を占めていて、

善玉菌と悪玉菌、どちらか優勢な方の味方をしてしまうのだとか。

 

 

つまり、常に善玉菌が多い環境にしてあげないと、

腸の機能は低下してしまうらしいのです。

その善玉菌として有名なのが、乳酸菌やビフィズス菌。

ヨーグルトや、ヤクルトに含まれておりますね。

私も盲腸になってからというもの、飲むヨーグルトを大量に摂取しています。

(明治のR-1ヨーグルトを飲むと、体が強くなるという噂が広まってますが、

本当だろうか・・?しかも美味しい。)

あと、乳酸菌サプリやビオフェルミンなどもたまに飲むようにしています。

 

 

確かに、なんとなくですが腸の調子が良くなっている気がします。

摂取する前は、腹痛・下痢・お腹の張りが結構あったのですが。

便もガスも良く出るし、なかなか快調です。

これからもどんどん摂っていこう。

 

あと、食物繊維も善玉菌の餌になるので、非常に腸には良いそうです。

対して、食物繊維が少なく脂肪の多い現代型の食事は、

悪玉菌を増やしてしまうそうです。。。

まさに、これまでの私ですね。

腸内環境の改善には、食生活の改善が欠かせないようです。

 

 

他にも色々と調べていますが、腸内環境は体の健康に非常に大きく影響するみたいです。

なかなか、奥が深い。

健康のため、今後も継続的に調べてみたいと思います。

まとまったら、またブログに書こう。

 

 

これだけ気をつけても、また盲腸になってしまったら仕方ない・・。

遺伝とかもあるらしいしね!

まあ、自身の健康を見直す良い機会になりました。

生活を見直して、健康に長生きしたいものです!

 

 

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す