【英語学習】ラ・ラ・ランド、アカデミー作品賞受賞ならず!

 

 

こんにちは、つかっち(@tukatti7772)です。

先週、話題の映画である「ラ・ラ・ランド(La La Land)」を見てきました。

日本では2/24に公開になったばかりですね。

男女の恋とサクセスストーリーを描いたミュージカル映画であり、

第74回ゴールデングローブ賞では作品賞を含む史上最多の7部門を受賞した映画です。

 

 

アカデミー賞でも14ノミネートされており、今日2/27にアカデミー賞の発表があったのですが、

残念ながら作品賞(Academy Award for Best Picture)の受賞はなりませんでした!!

しかし、ここで前代未聞のトラブルがあったようで。

なんと、初めは作品賞は「La La Land」と読み上げられたのですが、実は「Moonlight」だったのです!

 

 

 

 

進行のFaye Dunaway(女性のほう)は、しっかりと「La La Land」と言っていますね。

しかし、Warren Beatty(男性のほう)は、何だかぎこちない様子で戸惑っているようです。

 

その後・・・

 

 

 

 

受賞したのは「La La Land」ではなく、「Moonlight」だった!と。

“This is not a joke , moonlight is one best picture.”

「これはジョークじゃない!」って言ってますね。

彼はララランドのproducerなのですが、オスカー像をすぐに渡そうとしています。

素晴らしいですね。

 

 

なぜこのようなことが起こったのか・・?

進行のWarren Beattyさんは、以下のように言っています。

 

 

 

I opened the envelope and it said ‘Emma Stone, La La Land.’ That’s why I took such a long look at Faye, and at you. I wasn’t trying to be funny,

 

(私が封筒を開けた時、「エマ・ストーン   ラ・ラ・ランド」と書いてあったんだ。

だから私はFayeとあなた方を長い間見つめてしまった。笑わそうとしたんじゃないんだ・・)

 

 

 

ということです。確かに、封筒を開けた時に少し戸惑っていましたね。

エマ・ストーンはララランドの主演女優で、この作品賞の直前に、

主演女優賞(Academy Award for Best Actress)を受賞していました。

同じ紙が入っていたのでしょうか・・・?

 

 

それでまごついていたWarrenを待ちきれず、Fayeが「La La Land」と言ってしまったのですね。

しかしこれは進行のミスというよりは、封筒に間違った紙を入れた人が悪いでしょう!

会場の笑いにはつながっていましたが、恥をかかされた二人もなんだか可哀想ですね。

 

 

しかし結局のところ「La La Land」は、このアカデミー賞で最多の6部門を受賞しています。

エマ・ストーンの受賞コメントはこちら↓

 

 

 

 

家族への感謝の後、監督のDamien Chazelleに対しては、

once-in-a-lifetime opportunity(人生に一度の機会)を与えてくれたことに感謝の意を表しています。

また、”A moment like this is a huge confluence of luck and opportunity”

(この瞬間は、本当に運と有利な条件が重なってできたものだと思います)とも語っています。

 

 

さらに、共演した男優のライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)に対しては、

”Thank you for making me laugh and for always raising the bar.”

(私を笑わせてくれたことと、いつも私のレベルを引き上げてくれたことに感謝しています)

と言っています。映画の中の二人の掛け合いを見ていると、納得できるものがありました。

 

 

実際の映画を見た感想としては、ミュージカル映画らしく楽しい音楽とダンスが満ち満ちていて、

前半はとても楽しい雰囲気だったのですが、後半は切ない!!ああ・・ってなるラストでした。

しかし、こんな人生もまたあるよね、と思いましたね。

これ以上書くとネタバレになってしまうので、是非映画館でご覧になってください!

とても良い映画だったと思います。

 

 

最後に、今日の英語学習で出てきた語句をまとめておきます。

 

 

once-in-a-lifetime  :  一生に一度の、またとない

crazy : (俗語)素晴らしい、最高の

confluence : (2つ以上のことが)重なった状態

raise the bar:レベルを引き上げる

 

 

それではまた!

 

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す