虫歯と歯周病を予防するためのおススメの方法について

 

 

こんばんは、つかっちです。

今日は「歯の健康」について書いてみようと思います。

というのも、私は恥ずかしながら面倒くさがりな性格のため、歯のケアがこれまで十分ではありませんでした。

しかし、歯を十分にケアせずに放置しておくと、大きなリスクがあることを知ってしまったのです。

(歯科検診で指摘されることもあれば、子供の頃は親にもよく苦言を呈されていました。)

これはまずい!と思い、歯を健康に保つべく、対策を練り始める私なのでした・・・。

 

 

 

歯のケアが不十分だと、どんなリスクがあるか?

 

 

 

虫歯

 

 

 

虫歯は、口内に存在している細菌が原因となって歯質が軟らかくなり、崩壊していくものです。

食事の後に歯に付着している歯垢は、細菌の住処となっています。

十分な歯磨きがなされず、歯垢が多く残っている場合、細菌が糖を栄養にして酸を出します。

この酸が、歯の表面のエナメル質に穴を開けていきます。これが初期の虫歯です。

虫歯に一度なってしまうと、皆さん経験があるかもしれませんが、痛みやしみを感じます。

歯が再生することもありませんので、最悪の場合歯を抜かなければならない、ということもある訳です。

 

 

 

歯周病

 

 

初期段階では、歯茎に炎症が見られる症状です(歯肉炎)。膨れ上がり、赤くブヨブヨの状態になります。

歯茎から血が容易に出るようになり、口臭の原因ともなります。

歯周病も、歯垢に多く存在する細菌が主な原因となっています。

細菌が産出する酵素や毒素が直接影響したり、またこれらに対する体の防御反応が炎症を引き起こしたりするようです。

 

 

初期の場合は常日頃のケアによる回復可能なのですが、

進行するにつれて取返しのつかないところまで行ってしまいます。

歯槽膿漏まで症状が進行してしまうと、さあ大変です。

歯の根元にある歯槽骨が溶かされ、歯がグラグラし、抜け落ちるところまでいってしまいます。

そうなる前に、初期の段階でケアをしっかりと行って進行を止めることが大切です。

また近年になって、歯周病は糖尿病や肺炎の原因となる可能性があることも分かってきています。

ちょっとした歯の病気が、大きな体の病気に繋がってしまうとは恐ろしいです。

 

 

虫歯と歯周病は、歯科の2大疾患とも言われています。

次節ではこれらを防ぐための、お勧めの方法をご紹介します。

 

 

 

歯を健康に保つためのおススメの方法

 

 

 

・歯垢を取りやすい歯ブラシを使用する

・デンタルブラシを使用する

・デンタルリンスを使用する

・歯医者さんに通って歯石を取る

 

 

この4つを実行すると効果があると私は考えています。

歯ブラシはプレミアムケアがおススメです。コンビニとかで普通に売っています。

ブラシが広くて柔らかく、とても磨き心地が良いです。狭い場所にも届きやすい。

 

デンタルブラシは何でも良いのですが、歯茎を傷つけないような柔らかい材質のものがおススメです。

歯の間の歯垢は、いくら歯を磨いてもなかなか取れていないことがデンタルブラシを使用すると良く分かります。

しかも、歯垢が溜まっている場所は毎回同じことが多いです。

デンタルブラシを併用することで、ブラッシングの効果は倍増するでしょう。

 

 

デンタルリンスについては、私はサンスターGUMを使用しています。

30秒くらい口に含んでから軽く歯茎をブラッシングするのですが、とても気持ちのいいものです。

歯周病菌を吸着除去し、さらに歯茎の炎症を防ぎます。

あえて口を水ですすがないことで、効果時間がより持続します。

 

 

また、たまには歯医者さんで歯石を除去してもらいましょう。

歯石とは、歯に付着した歯垢が石灰化したものです。約48時間で歯垢は石灰化するようです。

多孔質な構造であり、歯周病菌が付着しやすいため、歯石が多く残っている状態では、

いくら歯磨きをしても菌が常に存在していて歯茎にダメージを与えていきます。

歯石を完全に取りきるには、何回か歯医者に通う必要があると思いますが、

取る度に歯茎の腫れが引いていき、色がピンクになっていくのが実感できると思います。

例のごとく、歯をキュイーンとやられますが、大人の皆様は我慢しましょう。笑

 

 

 

まとめ

 

 

・歯の二大疾患は虫歯と歯周病

・歯ブラシ選びとデンタルフロスの使用は、虫歯と歯周病の予防に有効

・デンタルリンスの使用と歯石除去は歯周病の予防と進行抑制に有効

 

私はこれらの対策を何週間か続けていくと、

歯茎の炎症が抑えられて引き締まっていくのを感じました。

ただの歯磨きを毎日行うだけでは、ここまでの効果は得られなかったと思います。

今は朝しか歯磨きをしないことが多いのですが(汚くてすみません。)、明確に違いが表れています。

夜は疲れていてすぐ眠ってしまいますが、これからはきちっと歯磨きをして効果をより高めていこうと思います!

 

それでは!

 

 

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す