軽い運動にはメリットがたくさんある!~自転車で出かけよう~

 

こんにちは、つかっちです。

先程自転車を1時間程こいできました。その辺を適当に。

自転車って、実は結構良い運動になるんですよね。

 

 

消費カロリーは、1時間あたりに約230kcal。(平坦な道の場合。)

他の運動と比較して、飛びぬけて消費カロリーが高いという訳ではないのですが。

単調にランニングをするよりも、景色が移り変わって飽きがこないので、

軽い運動をするには個人的には非常にオススメです。

走るのと比較して、あまり辛いなーという気持ちになりません。

途中でついでに買い物をしたりしてもオッケーですしね。一石二鳥ですね。

 

 

昔高校生のころ、山を一つ越えて通学してたことを思い出します。

今思えば、良い運動をしていたのだなあ、、。

そういえば足の筋肉も自然についていました。

 

強度の高い運動でなくとも、軽い運動を行うと色々と良い効果があるのです。

 

 

 

 

 

軽い運動には様々な効果がある!

 

 

 

1.軽い運動でも脂肪燃焼効果がありダイエットになる

 

 

一つは、言わずもがなですが脂肪燃焼効果がありダイエットになること。

自転車をこぐというような軽い運動であっても、

20分以上継続すれば脂肪燃焼の効果が期待できます。

1週間に1時間自転車をこげば、1年間での消費カロリーは・・・

230kcal × 4週間 × 12ヵ月 =  11,040kcal

となるので、1年間で約1.5kgくらいの脂肪が消費されることになります。

悪くない数値だと思いませんか?

 

 

食事制限せずに運動onlyですぐに痩せることは難しいですが、

定期的な運動はちりも積もれば山となります。

あまり普段運動する時間が取れない方も、

週に一度は自転車をこぐなど、軽い運動を行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

2.  精神が統一でき心が落ち着く

 

 

 

2つ目は、精神が統一できて心を落ち着かせる効果があると思います。

運動をしていると、何か他のことを考えるのが難しくなりますよね。

人間は、一度に2つのことを考えることはできません。

一日に様々なことを考えていると思うのですが、

ただただ考えがコロコロ移り変わっているだけです。

 

 

極端な話、楽しいことと辛いことを同時に考えることはできませんよね。

同じように、運動して体をフルに使いながら、

嫌なことや悩みごとを考えたりするのは難しいのです。

運動に集中することで一度悩みから離れ、リフレッシュした頭で考え直せば、

困っていることがあったとしても、新しい発想や解決策が浮かんでくるかもしれません。

 

 

 

 

3.  アクティブレストの効果が期待できる

 

 

 

最後に、軽い運動を行うことでアクティブレストという効果が期待できます。

直訳すると「積極的休養」となります。

本当に疲れを取りたいのなら、家でダラダラせずに体を動かそう!という逆転の発想です。

 

 

これは、軽い運動を行うことによって血管を収縮させ、

体内に溜まった乳酸などの疲労物質を送り出し、

代わりに新鮮な血液を体の各部位に送り込むことで疲労を取る

という考え方になります。運動というと疲れそうなイメージなのですが、

強度が軽くて体に負担がかからないようなものであれば、

プラスの効果が期待できます。

 

 

また、アクティブレストを行うことによってセロトニンが生成される

という話もあります。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれるもので、

心の平静や幸福感に関与しているものです。

これが不足して、うつ病などになってしまうのですね。

確かに運動すると爽快な気持ちになりますから、セロトニンが生成されているのかも

しれませんね。心と体の両方に、軽い運動は良い効果がありそうです!

 

 

 

 

みなさまも、休日などに何もやることがないな~暇だな~などと感じていたら、

自転車で何処かに出かけるなど軽い運動をしてみてはいかがでしょうか!

 

 

それでは!

記事が気に入ったらシェア!

コメントを残す